3 ……なんで、そんなものを?

1/29
72人が本棚に入れています
本棚に追加
/304

3 ……なんで、そんなものを?

+ side流夜 「仮婚約ねえ……」 旧館の資料室の机に寄りかかって呟いた。 藤城学園は旧い学校なので、この旧館は創設当時に本校舎だったところだ。 新校舎が随分前に建設されて、そちらに充実した設備があるため今は授業では使われていない。 俺は教科主任に一応承諾を得て、旧校舎の一室を占領していた。 資料室と言っても、わざわざ旧館に資料を置いておくのは使い勝手が悪い。 もう必要のないものを入れておく、倉庫のような役割をになう部屋だった。「そこでいいなら」と、主任はそんな場所を希望したことを深く追及はしなかった。 今は、昼休み。華取を待っているところだ。 ……松生には話すように言うかな……。 松生笑満は、成績トップクラスの優等生だ。 松生はいつも華取と一緒にいるから、注意して見ている一人だった。 華取が在義さんの娘と知っていたので、無暗に関わらないようにしていた。ああそれから、あまりじーっと見るなと言わねば。
/304

最初のコメントを投稿しよう!