いざなぎ流陰陽師山葉の事件簿(33.大切な友人)

山葉が雇用した専属シェフの田島は、得体のしれない何かを連れて来た。

334 839

43分 (25,411文字)

あらすじ

現代の東京に陰陽師が生息中、彼女の表の顔はバリスタ。 いざなぎ流の術を駆使して、心霊事件を次々と解決するオムニバス中編集です。

感想・レビュー 1

お疲れ様でした。

なんだかリニューアルしてから使いにくくなってしまって更新後すぐになかなか読めなくなってしまって…。 これからも頑張って下さい(о´∀`о)

その他情報

公開日 2019/4/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る