田坂塾

1/8
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/51

田坂塾

 六月なのだが蒸し暑くほとんど夏という暑さだった。  その暑さとは正反対の、まるで冷蔵庫の中にいるような、キンキンに冷え切った教室と呼ばれる部屋に私は座っている。  学校が行われている平日の午後は、私にとってはゆっくりとしたくつろぎの時間だ。  最近買った新しいパソコンの画面を見つめ、いつものルーティンワークを行う。  エクセルに入力しているのは今月からの新規受講者の名前、裏の画面に同時に立ち上げているユーチューブでは、他のユーザーがアップロードしているラジオ放送を聴く。  その人気ラジオ番組では、全く興味がないアイドルの女の子が、自分の過去の恋愛話とも言えないようなオブラートに包んだくだらない話を、リスナーにかわいいと思わせるような計算しつくされた声で話している。  そこそこおもしろい芸人コンビは、そのクソつまらない話をなんとか面白くしようと頑張っている。  ラジオを聞き流しながら、簡単に仕事をするのは嫌いではない。  田坂塾という学習塾をはじめてだいたい3年になる。  学習塾といえば、大きな教室を用意してたくさんの講師達を雇い、そして経営者の私が、塾長としてシャカシャカと講師達の業務を仕切っている、というベタな感じの光景を思い浮かべるかもしれないが、ここはまるで正反対な感じで、私一人だけが狭い教室で、ネットラジオを聞き黙々とキーボードに文字を打ちこんでいる。  オープンからある程度の時間が経ち、塾の生徒の数も安定し始めたが、残念ながらまだ講師達を雇うまで忙しいという程の状況でもなかった。  この塾は、元々は住居用のアパートだった築40年位の雑居ビルの3階にあり、2LDKの部屋を事務所用に改装したものだ。  入口のドアを開けると、そして早く来た生徒さん達に待ってもらう「待合室」的な10畳程の部屋があり、そこから細い廊下が伸び、授業を行う8畳ほどの部屋が2つ並んでいる。3つしか部屋が無く、塾と名乗るには明らかにスペースが狭いと思うかも知れないが、マンツーマン専門の塾を運営しているので、1部屋、すなわち1教室が余っている状態だ。  塾の収支は最初の1年は大きな赤字だった。  宣伝強化ということで塾のホームページを、ウェブページ作成本と格闘しながらなんとか自力で立ち上げ、そこから予約が少しづつ増え、2年目の昨年から赤字は激減し今年は黒字になる見込みだ。  
/51

最初のコメントを投稿しよう!