シゲ子、病に…

1/4
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/23

シゲ子、病に…

あたしが中1のころです。 夏の暑い日。何時間目か忘れましたが、シゲ子が倒れました。 次の授業がプールだったため、あたしはスクール水着に着替えてました。水着の上に体操着を着て、プールへ向かう途中…。 “バタバタバタバタバタ…” 廊下を走るおっさん…じゃない。担任。笑 何事かと思って、 「せんせー、廊下って走ったらダメなんでしょー?」と言いつつ、廊下の端に寄るあたし。 先生はあたしの目の前で止まり、ゼェハァッと荒い息を繰り返しながら、言うのです。 「お、おっかさんが、倒れたそうです。迎えが来るので準備してください!!」 おっかさんて…とツッコミたいけど、それどころじゃなくて、「はいっ!?!」とあたしも走って教室戻って、荷物をゴソッと持って学校の裏門に向かいます。 迎えに来てくれたのはおっきいねーちゃん…じゃない、きーちゃんでした。 その顔は青白く、不安そうでした。 その顔を見た途端、急激に事態を把握して、あたしも不安に駆られます。 …自分が今スク水を着てることも忘れ、きーちゃんが運転する車内で、経緯を聞かされました。
/23

最初のコメントを投稿しよう!