花の色は

「花の色は うつりにけりな いたづらに」  桜は散るけれど またいつか

0 0

6分 (3,279文字)

あらすじ

何百年も生きたもののけの男が過去を振り返るお話。 第100回超妄想コンテスト応募作品

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/4/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る