最終話 ビクトリアン・ジャック・モード

4/4
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/113ページ
 今日もいつも通りの日々が始まった。  昨日同様、ジュエル・アンソニー・シーナは椎名綾にベッタリで。  山羽葉衣玖は最前列で眠りこけ、それを藤枝ほのかが満面の笑みで見つめている。  吉澤希は挨拶に来たユズキを抱きしめ、止めに入ったブリジット・シャンベルタンまで抱きしめる。  それを見たジェシカ・マクファーソンと、七尾朱莉はクスクスと小さく笑みを零す。  特に七尾朱莉さんを見て、昨日より輝いているような印象をユズキは受ける。  その名の通りの、明るい表情には、耳のデバイスがよく似合っているように思えた。  コール・ビクトリアンバット。魔法のようなその一言で、衣玖も朱莉も別人のように変わったのだ。  この鳥井大学で、彼らは日々切磋琢磨し。素晴らしい成長を見せていくのだ。
/113ページ

最初のコメントを投稿しよう!