パーフェクト・スタンダード

「100回もいらない。3回でいい」

池田春哉

青春 完結
11分 (6,372文字)
超・妄想コンテスト「100」で佳作に選出して頂きました。ありがとうございます。

30 319

あらすじ

「100回もいらない。3回でいい」 天才少年・三明解人は何事に対しても、そう言い放つ。 そんな少年が初めてぶち当たった壁。 それは一体? バカと天才は紙一重な短編青春コメディです。

シリーズタグ

感想・レビュー 3

台詞に力

天才の設定の良さと軽妙な会話とキャラが引き立つ台詞でぐいぐいと読み進められます。 強烈な親友のキャラのせいで主人公が置いてけぼりになるかと思いきや、しっかり存在感が出ていたので、そこも読んでて気持ちよ
2件4件

これは秀逸

予行演習や作戦会議は昔自分もしたことある淡い思い出です。 天才と凡人二人の歪な友情も真直ぐに書き表していて、軽妙な文章を気持ち良く追い駆けてたら見事にラストで痺れさせられた。 なにより凄いのは最初の1
2件1件

友情の美しさ!

軽快な語り口調もテンポがよく、天才だからこその恋愛相談。 それが友情を通して、天才の恋愛に向き合ったとき、その美しさがしっかり伏線を通して描かれていました! 良作です!!
1件2件