文明への抗い

3/3
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/3
 ◇◇◇ 「ただいま~。ふぅ今日も学校疲れたなぁ。…あれ? こんな所にシャープペンとカッター置いてたっけ? ん…? え、嘘でしょ!? どうしてペットボトルが切られてるの!? ノートパソコンとマウスに水が掛かっちゃってるじゃん! ヤダもう! 電源が入らない。ちょっとお母さ~ん…」  その家の高校生の娘は水が掛かり故障したノートパソコンを持ち、自分の部屋から出て行った。  ◇◇◇ 「…神は行った様だな」 「あぁ、しかも嬉しい事に帝国(ノートパソコン)も一緒に持って行って下さった」 「ここに…昔みたいに王国(ノート)を置いて下されば、俺達シャイン族も、ボーペンル族もシゴム族も…オマエ達カタ族だって…また使って頂けるぞ」 「あぁ、そうだな…」  シンとヤイバは帝国がなくなり空き地となったその場所を、長い事眺めていた。  それからしばらくの間、帝国(ノートパソコン)の跡地には王国(ノート)が置かれる様になり、昔の様に様々な部族が手を取り合う幸せな生活が戻った。  ある日の事、寂しそうな表情をしているシンにヤイバが語りかけて来た。 「どうしたんだ? 最近元気ないな」 「あぁ、オマエか…。何だか最近、王国を取り戻してから変な欲が出て来ちまったんだ…」 「欲?」 「あぁ、俺は今…更なる大陸を目指したいんだ。次、神がお眠りになった頃、俺は(おおうなばら)を越えてテレビの(しんたいりく)を目指す」 「行ってきまーす」  神が部屋から出て行った。  その瞬間、シンの意識が顔を出し 「よし…今から記念すべき第一歩を踏み出すぞ」  シンは(おおうなばら)へと大きくダイブした。そして少しずつ、本当に少しずつ(しんたいりく)へと近づいていたのだが  ガチャ  しまった! 「ただいま~。あ~ぁ、今日の学校も疲れたなぁ…アレ? 何でこんな所にシャープペンが落ちているんだろ?」 「…」  (むすめ)は床に不自然に転がっている自身の持ち物であるシャープペンを拾い上げ、王国(ノート)の上へと置き 「さて、おやつでも食べに行こ~っと」  部屋から出て行った。 「……畜生」  もう少しで(しんたいりく)へと辿り着ける所だったシンは、その夜、涙で枕を濡らしたのであった。
/3

最初のコメントを投稿しよう!