間 三隅美実と悪夢

1/1
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/26

間 三隅美実と悪夢

 影が迫ってくる。近寄ってくる。その顎をあけ、周りのものを喰らい尽くしながら迫ってくる。自分を喰わんとする。  悲鳴をあげながら、やめて、懇願する。叫ぶ。  影が笑う。 『何を他人事のように』  やめてやめて。 『おまえだって化物のくせに』  影の言葉。  視線を落とすと、自分の手が真っ赤に染まっている。血の臭い。  足元に転がる誰かの体。死体。 『おまえがやったくせに』  転がる死体。見開いたままの切れ長の瞳が、二対。 『化物のくせに』  制服を身に纏った体。  やめてやめて。 『いい加減、人間のするフリをやめろ』  泣きながら首を横に何度もふる。  ごろり、と転がった体。見たことのある、顔。彼は、確か……。 『なぁ』  影が告げる。咎人の名前を。 『三隅美実』  喉が張り裂けるぐらいの悲鳴をあげた。  跳ねるようにして起き上がる。自分の悲鳴で目が覚めた。ベッドの上、布団を握りしめる。 「……夢」  小さく呟く。  美実はゆっくりとその手を開いた。  いつも通りの白い手に、安堵する。姿見に映った自分の姿。真っ青な顔をしている。 「ミィ」  ドアが一度ノックされ、開かれる。 「……ミナ姉」  寝間着姿の姉が、労るような顔をして立っていた。ゆっくりと近づいてくる。 「ごめん。起こした?」 「そりゃあ、起きるわ。あんな大声だして。家庭内暴力とか言われて、ご近所に通報されたらどうするの。防音、しっかりしてるからいいけど」 「ミィ、大丈夫?」  後半おどけて言う皆子の後ろから、焦ったような潤一の声がする。 「レディの寝室に入らない。あんたはいいから戻りなさい」  皆子が振り返らずに答える。 「いっつもそれだ!」  潤一の不満そうな声。 「ジュン兄も、ごめんなさい」  小さく美実が言うと、 「ミィが大丈夫ならいいんだ」  潤一の優しい声がして、足音が遠ざかる。 「ミナ姉も、大丈夫」  美実の言葉を皆子は無視して、 「いやしかし眠いわ」  美実のベッドに潜り込む。 「ミナ姉」  困って名前を呼ぶと、 「ミィ」  優しく名前を呼ばれて、手を引かれる。素直に横になる。 「……もう子どもじゃないんだけど」  小さいころ、怖い夢を見た時に泣きつくと、皆子はいつも一緒に寝てくれた。 「そうねー」  流石に狭いわね、と呟く。 「ミィ、学校楽しい?」 「別に」 「そう」  皆子が少し笑う。 「でもちゃんと行ってるじゃない」 「仕事だもん」 「前の学校はさぼってたのにね」 「仕事じゃなかったから」  くすくすと皆子が笑う。 「ミナ姉」 「んー」  皆子が一度あくびをする。 「ミナ姉は、わたしが学校に行ってたら嬉しいの?」 「私も、ジュンもね、ミィが普通にしててくれたら嬉しいの」  もう一度あくび。低血圧で朝が苦手で、寝起きの悪い彼女は、本当に今眠そうだった。 「ねぇ、ミィ」  半分閉じかかった目蓋で、皆子が笑う。 「いつまでも生咲にしばられてなくていいんだからね。ちゃんとソレを制御して、認められて、そしたら出ていいっていいんだよ。あんたは私達とは違うもの。生咲にとらわれること、ないのよ?」 「……行かないよ」  皆子がゆっくり伸ばした手が、美実の額を撫でる。 「ミィ」  ゆっくりと目蓋が閉じる。 「私はね……」  その先は聞けなかった。 「……ミナ姉?」  小さく名前を呼ぶと、返ってきたのは寝息だった。 「寝るのはやい」  小さく呟く。  これではただ単に、ベッドが狭くなっただけじゃないか。目の前に落ちている皆子の手をそっと握る。 「出て行かない」  出て行けない。生咲から出て行って、それ以外の生き方を知らない。  小学生だったあの時、生咲に初めて訪れて、そこで生活するようになったあの時から、 「わたしは生咲の人間なの」  出て行きたくない。  もし仮に、出て行くことがあるとするならば、 「……主様のところだよ」  泣きそうになってきつく目を閉じる。  握った手を額につけて、眠れるように努力した。
/26

最初のコメントを投稿しよう!