特集

九十八個のエメラルド

愛娘の花婿選びのため、ある試練を課した王様。「百個のエメラルドを集めろ」と彼は言うが……?

蔦永良

11分 (6,184文字)
登場人物の名前は英単語を参考にしています

12 55

あらすじ

外面・内面共に美しい姫。 誠実な男に娘をやりたいと考えた王様は、あるお触れを出す。 お触れは「ばらまかれた百個のエメラルドを集めた者に姫をやる」という旨のものだったが、実際にはエメラルドは九十八個。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品