失恋桜

1/8
2809人が本棚に入れています
本棚に追加
/8

失恋桜

春の風がそよそよと吹き、穏やかな午後の休日のこと。  学生時代は美術部だった律香(のりか)は25歳になった今でも絵が好きで、一人で美術館に訪れていた。  ゆっくりじっくり絵画を堪能し、休憩しようと館内に併設されたカフェへ入ろうとした時だ。  美術館に少し似合わない派手な格好をした女性とぶつかった。  まだ少し肌寒い季節だが、五分袖のピタリとした真っ白のトップスにサーモンピンクのタイトな短いスカート。  それからブランドバッグにブランドの靴を履いていた。    「すみません」と、謝った律香の後ろから「お待たせ」と、声がしてハッとし振り返った。  もしかすると、どこかで聞いた声だと思ったのかもしれない。  そこには、よく知る人物が立っていた。
/8

最初のコメントを投稿しよう!