1

5/23
50人が本棚に入れています
本棚に追加
/243ページ
 あるケースなど、新興宗教団体に入信した若造を自宅へ戻そうとして、ウソのテロ情報を警察に流してかく乱した。  また別件では詐欺集団に拉致された少女を母親のもとに連れ戻すため、警官を装った。  あるいはまた、説得もできないほどもとの居場所を嫌っている家出息子が、ヤクザな連中の奴隷になっていたのを、殺人事件を偽装して自宅へ強制的に連れ帰った。  橋爪ゆりかは、そうした仕事の仲介業者だ。もっとも、ときと場合によって「相棒」になったり「敵」になったりした。  とにかくおれは厄介な連中の恨みを買っている。
/243ページ

最初のコメントを投稿しよう!