第三話武器がないならつくればいい

1/7
207人が本棚に入れています
本棚に追加
/307

第三話武器がないならつくればいい

まずは最高の戦闘職についている姉さんが定規をもって猪の背後から慎重に近づいていく。  次の瞬間猪ことエッグボアがこちらに振り向き、  鼻息荒く突っ込んでくる。  姉さんは定規を振り落とし、猪は一撃でKOしたのであった。 「嘘だろ、どこまで姉さんつええーんだよ」 「えへん、これが腹筋10万回のつよさだよ、功君、私をほめてちょうだい」 「うちは姉さんをほめます」 〈レベルが上がりました〉 ―――――――――――― イサオlv2 スキル〈鑑定〉〈創造lv2〉 習得スキル〈無力〉 ――――――――――――  無力というスキルは俺が無力だって意味なのかああ、  使いどころがわからん、無力を鑑定しみることに。 〈無力〉〈これは何もやることがないときに使用するといろいろと回復する〉
/307

最初のコメントを投稿しよう!