100万本のマーガレット
全1/1エピソード・完結
1/1

100万本のマーガレット

100回溜め息を吐いたら…この想いは消えるのでしょうか? 100回泣いたら…この想いは無くなるのでしょうか? 灯るはずの無い私の心に あなたが恋の炎を灯した 年齢を重ねる事は、嫌な事では無かったのに あなたに出会って足枷になった。 出会わなければ良かった… 思い出したくなかった… 苦しくて切ない想い 目が心が細胞があなたを求めて追い掛ける これ以上は求めないから、好きでいる事だけは許してくれませんか? あなたの姿をただ遠くから、見つめる事だけは許してくれませんか? 何故、今なんだろう? 何故、あなたなんだろう? 100回何故を繰り返しても、答えはきっと闇の中 咲くはずの無かったマーガレットの花が 私の心の中で咲いている。 風に揺れ、ひらひらと舞い散る花びらは 雪のように白く儚く空へと舞い上がる。 もしも願いが叶うなら、私のこの想いも天(そら)へと還して欲しい。 今、100万本の白い白いマーガレットが咲き乱れる私の心に、真っ赤な炎が揺れている。
1/1

最初のコメントを投稿しよう!