クイントプル成人式 ー 拝啓、100歳のぼくへ ー
全4/5エピソード・完結
14/26

100歳のぼくへの手紙

「ごちそうさまでした」  ぼくは夕食後、すぐに自分の部屋で『100歳のぼくへの手紙』を書くことにした。  期限はまだまだあるけれど、お母さんから色んな話を聞いてぼくは影響を受けたのか、「手紙を書きたい」という気持ちが強くなったのだ。  先生が言った「90年後の世界と自分のこと」  お母さんの「好きな人への思いのこと」  ぼくは頭で思い浮かべる。  そう言えばあの二人は…・。  ヤエは「ミラぴょんのこと」を書くのだろう。  クオンは何を書くの?  ううん、今は自分のこと。
14/26

最初のコメントを投稿しよう!