――魔法石を買うなら?
全1/8エピソード・連載中
1/8

――魔法石を買うなら?

 昔々、大陸にはたくさんの魔法使いがいたという。  しかし彼等は徐々に衰退していき、最後には偉大な魔法使いと言われていたエニヴィスも死んでしまった……らしい。らしいっていうのは、数多の魔法使いと違って本当に特別だったというエニヴィスに限っては死体もなく、あるとき突然姿を消してしまったんだ。なんでって、それは僕にはわからないよ。エニヴィスに聞いてみないと。案外今もどこかで生きているかもしれない。  そんな彼等の名残であり贈り物がこの〝イデアール〟。一般には魔法石と言った方が馴染みがあるかもしれない。  今では普及した魔法石は日常に溢れているし、よっぽど貧乏じゃなければ生活に欠かせないものになっている。料理を温めるのにも使えるし、洗濯ものを乾かす風だって送れるし、上手い具合に質のいいものを手に入れられたら水だって生み出せるんだ。日々の暮らしに使うんなら、ね。  そう、より質のいい魔法石――これが主に〝イデアール〟と呼ばれるわけだけど、生活用品として使うにはもったいないくらいの力を持った石なんだ。さっき君は僕に魔法石を売ってくれないかと聞いたけど、もうわかったかな。僕が扱うのはこの〝イデアール〟ってわけ。つまりそんな硬貨数枚じゃ間に合わないものを扱ってるんだよ。お手頃な石が欲しいんならここじゃなくて、西区のアンバーズ商会に行きな。あそこなら魔法狂いがあほみたいに収集したのを売ってるから。  じゃあそういうわけで。あ、生活に使うわけでなく、かといって高品質な丁度いいのが欲しいって言うんなら、ぜひ東区のエレスチャイル商会へ。魔法石の加工の技術も高いよ。   まあ君に、それだけの資金があればだけれど。
1/8

最初のコメントを投稿しよう!