織田信長と言う男&濃姫

1/1
173人が本棚に入れています
本棚に追加
/146ページ

織田信長と言う男&濃姫

とある、霊能者が霊視した織田信長。 信長には二種類の呪詛がかかっていて今だ成仏(浄化)はしていない。 全てを自分で見ようとする人。 他人は信じない。 自分で確認しないと気がすまない。 短気で気分がコロコロ変わる。 気に入った人には思いやりを示すけどホンの一部。 身分にとらわれない。 新しい物好き。 情報通で知恵と才能さえあれば目をかける。 一方、正室濃姫は 自由奔放。 好奇心旺盛で新しいものや知的なことなど様々なものに興味を示す女性。 信長はそんな濃姫を好きにさせてる。 うるさい旦那ではなかったらしい(笑) 濃姫は信長と同じく身分にとらわれない人 お金の回し方に興味を示して商人などに会っている。 信×濃の関係は 信長は今風の夫。家の対面はちゃんと保ち正室としての役割を果たしてくれればあとは何をやって良いよ✨ 好きにして良いよ✨ お金も出すよ✨ 君の思うままに。 信×濃は似た者夫婦だったらしいです。 濃姫の死亡時期は信長に遅れること数年以内だそう。 ちなみにお鍋さんは戦国時代の典型的なおとなしい女性。 蘭丸君はリス顔の可愛い少年。
/146ページ

最初のコメントを投稿しよう!