看板のない料理屋さん

ホラー小説です。

蒼樹ほのお

ホラー 完結 過激表現
6分 (3,512文字)

9 52

あらすじ

三連休の初日。夕暮れの自然公園を大学の仲間と歩いていたら、昨日までなかった店がそこにあり、ピエロがマイクを握り大声でこう宣伝していた――。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る