例えば100年後

同じ100年を生きるなら。

4 37

14分 (7,996文字)

あらすじ

あらすじはありません

目次 12エピソード

もっと見る

感想・レビュー 2

誰もが考えることを鮮やかに描いた秀作

おそらく誰もが一度は書いてみたい物語。自伝を読むような身につまされるものがありました。感情移入というか私そのものって感じでしたが、ラストの場面はとても鮮やかな印象を残しました。唐突と言えなくもないです

共感

有箱さん……!これは小説書きなら誰もが経験することではないでしょうか!?自分のこと見られているような気がしました。萩原くんの気持ちが痛いほど分かる…(´;Д;`) 落ちて落ちて、落ちまくって。でも書く

その他情報

公開日 2019/4/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る