彼の人

先生は言った。「妻が目を覚ましたら別れる」と──。

80 1,576

1時間36分 (57,047文字)

あらすじ

 大学生の川西達治は道端で倒れていたところを、隣人の佐口龍也の妻、雛子に助けてもらってから、佐口夫婦と仲良くなっていった。  しかし雛子は突然自殺未遂を起こし、目を覚まさなくなった。龍也は気を落とし

目次 3エピソード

感想・レビュー 1

何とも言えない気持ち

書籍にされてる小説を読み最後がなんとも言えない気持ちになる事がある。エスプリは割にまともな作品が多い中、この作品を読み最後なんとも言えない気持ちになった。これからもこういったジャンルお願い致します。

この作者の作品