Sweet My Baby

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/1
 愛しい我が子よ。  お前がこの世に生を受け、今日が丁度100日目の日。 『百日(ももか)祝い』、『お食い初め』。そんな名前で呼ばれている、「子供が一生、食べ物に困る事がない様に」と、願いを込めて祝う日だ。  肉を丹念に噛み砕き、我が子の口に含んでやる。  小さな歯が生え始めた下あごを懸命に動かすその姿は、「生きよう」とする力に満ち溢れている。 ―― 生きて。  私は、強く祈る。  我が子を(いだ)きながら。  残された、この片腕で。  宇宙戦争が勃発し、地球は壊滅状態に陥った。  私と夫は、生まれたばかりの赤ん坊を連れて、自宅近くに政府が設置していた、地下簡易シェルターに逃げ込んだが、そこにはほんの僅かばかりの食料しか備蓄されていなかった。  幸い、雨水を引きこむ装置が機能していたので、水だけはなんとかなったが、すぐに訪れた『飢え』は私たちを苦しめた。  シェルターの外は、人知では解明する事の出来ない、未知の大気が充満しているので、安全が確認されるまでは決して外に出てはいけない。  そんな通信を最後に、政府からの連絡も途絶えた。  私たちは、この地下シェルターで孤立した。  赤ん坊に乳をあげる為に、母親である私はちゃんと食べなくてはいけないと、夫は自らの腕を切り落とし、私に食べるように命じた。  私は食べた。  夫の血肉を。  生きる為に。  我が子の為に。  夫を食べ尽くしてしまったその次に、私は自分の左腕を切り落とした。  今日という、我が子の祝いの日の為に。  大丈夫。まだ左足も右足もある。  幾らでも、この身をお前に差し出そう。  でも右腕は最後だ。少しでも長く、お前をこの手で抱く為に。  どうか生きておくれ。  生き抜いておくれ。  愛しい我が子よ。 《了》
/1

最初のコメントを投稿しよう!