他人(ひと)にわかるわけない

学校に行けなくなった子を持つ親の話しです

いでちゃん

3分 (1,391文字)

10 244

あらすじ

あらすじはありません

タグ

感想・レビュー 2

引きこもれる家があるということ

いい話でした。 テレビで教育者が引きこもりを悪のように言うのを残念に思います。 引きこもれる家があって、親が守ってあげるから、子どもたちはまた羽ばたけるようになります。(防衛機制の逃避) 帰る家がなか
1件1件

読ませて頂きました。

不登校の子を持つ親の気持ちが伝わってきました。
1件1件

この作者の作品

もっと見る