100日過ぎれば

失恋した悲しみを救ってくれたのはお婆ちゃん

8 33

5分 (2,544文字)
お婆ちゃんの言葉が主人公を救います

あらすじ

付き合って2年、結婚を考えていた彼氏に好きな子ができたと振られた佳代は、生きる希望を失くし……死ぬ前にと、お婆ちゃんの家を訪ねる。 一緒に泣いてくれたお婆ちゃん。 お婆ちゃんの言葉で佳代は……

キャラクター

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

泣ける(´;ω;`)ウゥゥ

たった一ページに、溢れ出す温かさがギュッと詰め込まれています。 人は辛い時に周りが見えなくなるもの。そんな時、お婆ちゃんみたいな人がいてくれたら……きっと、前に進めると思います。 簡単なことだけど忘

その他情報

公開日 2019/4/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る