はるのおと 其の五

「はるのおと」シリーズ第5弾。津曲との関係が深まるにつれてかの子の苦悩も深くなる……。

ツヅキミト

恋愛 完結
11分 (6,568文字)

11 394

あらすじ

仙台市青葉区柳町通。大日如来堂前の寿司処「はる道」。親方の玄道昭三のもとに通う、高校教師、袖井かの子と津曲克俊。「はる道」の親方と、お母さんに見守られながら、気持ちを確かめ合ってきた二人は、新たな境地

タグ

感想・レビュー 2

然らん春を覚えた男女の有り様

かの子と津曲のさりげなさから始まり、時々さりげなくいられないふたりを綴る再春小説の第五弾。 さらさらとした印象に終始包まれながら読了致しました。 今作で感じたふたりの関係性を「さらさら」とわたしは

心の恋愛シリーズ五作目!心の恋愛って素晴らしい・・・

 シリーズ五作目。エブリスタのコンテストでも注目されたのが記憶に新しい。  このシリーズを簡単に説明するなら、すでに若くはない高校教師の男女、袖井かの子と津曲の「心の恋愛」の物語である。  かの子には
1件

この作者の作品

もっと見る