2.コンサートのチケットよりも重要なものがあるという現実を知る(前編)

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/18

2.コンサートのチケットよりも重要なものがあるという現実を知る(前編)

 それから、約1ヶ月が経過した。  その間、特に大きな出来事はなかった。というか、嵐のことなどほぼ忘れかけていた。  なにしろコンサートが行われるのは11月、半年以上も先のことだ。今から慌てる必要などあるわけがない。  5月の連休には娘の紗胡(さこ)も帰って来るから、3人揃って計画を立てれば良いと思っていた。  それを思い出したのは、4月も半ばに差しかかった頃。『函館新幹線がダイヤ改正で時間短縮』というニュースを見た時だ。  そうか、新幹線という手もあったな。  なになに、東京から新函館まで4時間だって? えーっ、そんなに速いのか!  札幌行きの何が大変と言って、とにかく行きつくまでの交通手段だ。  飛行機にさえ乗ってしまえば、せいぜい1時間程度。これだけならどうということもないのだが、残念なことにここは栃木、空港へ辿り着くまでが一苦労なのだ。  羽田までは、電車を乗り継いで約3時間。成田だと更に遠い。しかも搭乗1時間前には空港へ着いていなければならないし、広い空港内をうろついて搭乗手続きやら何やら面倒だし、そのうえ千歳から札幌まではまた電車。トータルで5.6時間はかかる計算だ。  でも新幹線なら。乗ってしまえば後は座っているだけだ。乗り換えも新函館での一回だけ。これは楽ちんだ。  よし決まり。  さっそくルートを検討してみる。  と言っても、ネットでルート探索をするだけなんだけどね。  パソコンを開き、えーと『宇都宮から札幌』っと。ポチッ。  ふむふむなるほど……、新幹線と特急で9時間2分か……。って、あれ?  ちょっと待て、どういうことだ。さっきはテレビで確かに4時間って。  そりゃまあ、宇都宮発だと停車駅の関係で最短時間というわけにもいかないし、乗り継ぎとかもあるからそれなりのロスもあるだろうが、それにしてもな。  えっ、新函館から札幌まで3時間38分だって? マジか!  ううむ、北海道の広さを見くびっていた。まさか、函館まで行ってもまだ半分だったとは。  そういえば以前、東北にドライブに行った時に、東北道をひた走っていたら仙台を通過したあたりで『東北道中間地点』という看板を見つけて、びっくりしたことがあったな。  その時は「ここでまだ半分かよ。東北広っ!」と思ったけど、北海道は更に広かった。  いや、広いのは知っていたけどね、まさかこれほどだったとは。  これは、もう一度よく考える必要があるぞ。  俺は軽く深呼吸をして、頭を仕事モードに切り替えた。  家の中では、動かざることハシビロコウの如しな俺だが、仕事中の俺は別人だ。右耳と左耳で二人の部下の話を聞きながら同時に指示を出し、パソコンにウィンドウを3つ開いてメールを読みつつ書類作成とメールの返信、頭の中では昼飯は何にしようかなと考えているなど、朝飯前。  いや、さすがに朝飯前に昼飯の心配まではしないが。  それに、社内での権力も絶大。金庫の鍵と銀行印と小切手帳を握っている俺には、時に社長ですら頭を下げる。  例えば、奥さんに内緒でお小遣いが欲しい時とか、奥さんに内緒で女の子にプレゼげふんげふん!  えーと、話が脱線した。新幹線だけに!  さてと。ではまず、状況を整理してみよう。  栃木から札幌に至るには、いくつかのルートがある。  ① 飛行機  ② 新幹線  ③ 高速道路  ④ 茨城は大洗港からフェリー  このうち、③と④は現実的ではない。③は津軽海峡を渡るのにまた別の手段を考える必要があるし、④は巷で大人気のコースで、俺もいつか乗ってみたいと思ってはいるが、今回は時間的な余裕がない。  そして②は上の理由により却下。つまり、消去法により結局は①以外の手は考えられないということになる。  だが!  ハイパーアラフィフ経理部長に変身した俺の頭脳は、ここで立ち止まりはしないのだ。  我が栃木県には空港がない。従ってまずは最寄りの空港に向かう必要がある。  では、最寄りの空港とは?  ① 羽田空港……もちろん。  ② 成田空港……当然。 さらに。  ③ 茨城空港……自衛隊百里基地に併設。ミリオタ憧れの空港。  ④ 福島空港……知る人ぞ知る東北の玄関口。駐車場無料が自慢。  そう、これぞ海なし県ならぬ空港なし県の利点。視点を変えれば、こんなにもの選択肢が生まれてくるのだ。  問題は、娘の紗胡が東京暮らしであること。  飛行機に乗る前に、あいつと合流する必要があるからだ。  羽田なら、空港で現地集合。茨城や福島だと一度実家に戻ってもらわねばならない。成田の場合は、さてどうしましょうという感じだ。  ううむ、これは俺の一存では決められない。やはり娘も交えてじっくり検討しなければ。  とはいえ、材料もなしに考えても正解は導き出せない。ここはひとつ、事前に専門家のアドバイスを貰っておこう。  専門家とは、要するに旅行代理店ね。  長年サラリーマンを続けていれば、それなりにコネも出来る。俺がこれから訪ねようとしているのは、社員旅行でいつもお世話になっている地元の旅行代理店だった。  その名も『コスモトラベル』。小さな会社だが、仕事は真面目だし、色々とわがままも聞いてくれる。それに社長とは何度も飲みに行った仲だ。  言っとくけど、接待じゃないよ! ほんとだよ!  と、いうわけで。 「こんにちはー」  店に行くと、さっそく社長がお出迎えだ。 「あれ、たかもり部長じゃないですか。いつもお世話になってます」 「どうも、ご無沙汰しまして」 「どうぞどうぞ、お座り下さい」  ニコニコと、いつもながら愛想の良い社長だ。まあ、商売だから当り前なんだけど。 「今日はちょっと、旅行の相談に来まして」  カウンターに向かい合わせに座りながら。 「えーと、会社、じゃないですよね。プライベートで?」 「はい、家族でちょっと」 「いいですねー。行先とかご予定とかは、決まっているんですか?」 「ええ、札幌なんですけどね。とりあえずホテルの予約だけでもお願いしておこうかと。飛行機はよく相談してから」 「ああ、それなら航空券とセットの方がいいですよ。割引がありますから」  なるほど。さすがは専門家、さっそくいいアドバイスを貰った。 「それで、ご予定はいつ頃なんですか?」  社長は、そう言いながらカウンターの上のパソコンをカチカチと操作する。 「えっと……」  手帳を取り出して確認する。日取りを間違えてしまったら、取り返しがつかないもんな。 「11月の……、14から16の二泊三日です」 「おやまあ、ずいぶん先ですね。何か目的でも?」  パソコンを操作しながら、ニコニコと。 「いやあそれがですね。実は、嵐のコンサートを見に行くことになっちゃって。何もわざわざ北海道まで行かなくてもと思うんですけどね。  せっかくだから観光もしたいって、妻が言うもんですから。あはは」  なんて、照れ隠しに頭を掻いたりして。  だがその瞬間、俺とにこやかに談笑していた社長の顔から、一瞬にして笑いが消えた。 「えっ……」 「え?」  えっ……、って。なんで……?  後編に続く!
/18

最初のコメントを投稿しよう!