小春日和
全1/1エピソード・完結
1/2

小春日和

 それは三月三十一日。  暖かな春の風に満開の桜がそよぐ、よく晴れた春の日の朝のことだった。 「――明日からは小春日和になります。それではみなさん、よい一日を」  出勤前の一時、トーストを頬張りながら忙しなく準備をしていると、なんとなく点けていたテレビから、そんな女性の声が聞こえてきた。  その声に画面へ視線を向けると、朝の情報番組内でやっている天気予報のコーナーである。  まあ、どこにでもよくある、情報番組には付き物の単なるお天気コーナーなのであるが、この局の少し変わっているところは、それを伝えているのが天気予報士でもなりたての若い女子アナでもなく、そこそこ売れ出したレベルの若手女性お笑い芸人だということだ。  担当は半年だか三ヶ月だか、ある程度の期間で交替し、現在は〝レギンスちえこ〟とかいう昨年、一世を風靡した女一人男二人のトリオの女性だけが務めているが、今みたいにピンの時もあれば、コンビ二人で出ている時もある。  しかし、そんな視聴者ウケを狙って専門家でもない者にお天気コーナーを任せたことが裏目に出たようだ。 「小春日和? いや、おもいっきり勘違いしてるだろ?」  いくらお笑い芸人に任せているからといって、舞台裏ではちゃんとした天気予報士がついて監修しているだろうに……その初歩的な間違いには思わずツッコミの独り言を口にしてしまう。  小春日和――〝春〟という文字が入っているので勘違いしがちだが、それは晩秋から初冬にかけて暖かく穏やかな晴れた日のことをいう表現であり、そのために冬の季語ともなっている。  それなのに、この三月も末日のまさに春もたけなわという季節に「明日から小春日和」などとは……こりゃあ、たくさん苦情がテレビ局に寄せられるだろうな……SNSでも「#小春日和」が上位ワードに入ってザワつくかも……。  そうして要らぬ心配をしつつも出勤時間となり、いつものように家を出て最寄りの駅へと向かい、満員電車に揺られている内にそんなこともすっかり忘れてしまっていたのであるが――。
1/2

最初のコメントを投稿しよう!