ほんとうに、そこらで勘弁してくださいっ
全1/3エピソード・完結
1/19

盗聴器を見つけました……

 引越しの準備をしていて、盗聴器を見つけました。 「どうした、葉名」  部屋の隅にしゃがんでいた葉名に准が訊いてくる。  葉名の手には盗聴器のセンサーがあった。  学生時代の友だちに、陽ちゃんの部屋だから、盗聴器があるかもーという話をなんとなくしたら、 「じゃあ、これ貸してあげるから探してみなよ~」 と言われたのだ。  そのセンサーが今、オレンジ色に光っている。  センサーは盗聴器の存在を告げていた。  側にやってきた准を振り向き、葉名は、しっ、と言う。 「盗聴器ですっ」 と抑えた声で告げた。 「……は?」 と言う准に、葉名は、もう一度、しっと言う。  無言でベッドの陰を指差した。  そこに、存在自体知らなかったコンセントがあり、白いコンセントタップが挿さっている。  ……怪しすぎる。  葉名はそこにセンサーを近づけてみた。  オレンジだったセンサーが赤く光る。  盗聴器がすぐ近くにある印だ。
1/19

最初のコメントを投稿しよう!