思い出の宝物
全1/1エピソード・完結
1/1

思い出の宝物

 俺がまだ小さかった頃、家族と仲の良い親戚とで多摩川のほとりにバーベキューをしにいった。  お腹いっぱいお肉ととうもろこしを食べたあと、いろんな話で盛り上がる大人達から少し離れて河辺で水をかき回して遊んでいた。  すると河の底になにか黄色く光る物が見えて、それを拾うと金色に光るよくわからない粒だった。  俺はそれを宝物にしようとポケットに入れて帰ったけれど、結局家に帰る頃にはその粒はどこかへと行ってしまっていた。  大人になってから、あの粒の正体が知りたくて多摩川について調べた。するとどうやら。あの粒は砂金だったようだ。  あの時あの粒を大人達に見せていたらどうなっていたのだろう。大変だったろうなと含み笑いをした。
1/1

最初のコメントを投稿しよう!