2

1/5
234人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

2

~★~☆~★~☆~★~ やっばい、遅くなっちゃった。電車がホームに滑り込むと同時に、あたしは電車から降りて、エスカレーターを駆け上がる。 けいちゃん、もう帰ってきてるかな。すぐにお暇するつもりだったのに。セッションが始まっちゃって、抜けるに抜けれない雰囲気になってしまったのだ。 定期券を自動改札にかざして、駅舎の外に出たところで、見覚えのある車を見つけた。あれ? 一瞬足が止まったと同時にスマホのバイフがカバンの中で震える。 ロータリーの車の中の人と、スマホのメール画面を交互に見た。 ――迎えに来ちゃった。 けいちゃんてば、甘いなあ。 でも嬉しい。大好きって心から思えるのは、やっぱり世界にひとりだけ。あたしはけいちゃんの車に駆け寄った。 「遅かったんだね、千帆」 特に咎めるでもない調子で言って、けいちゃんは車を出す。 「うん、ごめんなさい。友達の付き合いで、サークルの見学してたら遅くなっちゃった…帰ったらすぐゴハン…あれ?」 喋りながら、フロントガラスに映る景色に違和感。あれ、道違う…。 「けいちゃん、うちこっちの道じゃ…」 「わかってるよ。もう遅いし、明日休みだし、どっかで食っていこ?」 「ええっ、いいよお。あ、じゃあスーパー寄って! お弁当買ってこ? 今なら、お惣菜安くなってるかもしれない」 真剣に言うと、けいちゃんはぷぷっと吹き出した。 「お前随分、所帯染みたね」って…ひどい。頑張って、家計とキッチン預かってるのに。
/27

最初のコメントを投稿しよう!