冬の蜘蛛

「いけないと思った時にはもう遅い。」――落ちていく、それはこれほどに突然。

ツヅキミト

恋愛 完結
44分 (26,383文字)

24 498

あらすじ

 別れた妻、そして目の前の女は、二人とも蜘蛛に囚われている。奇妙な二人の共通点に、男は思う。今まで、思わねばならなかったひとに、初めて思いが及ぶ。それは、思ってはならぬひとによって、初めて教えられた、

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

文学を読もう。『冬の蜘蛛』を読もう!

 最近、エブリスタで注目の作家の新作。  もともとは純文学を志していたようで、じっくり読ませる作品を投稿している。  今回の作品は、氏が常に追い求めるテーマ。とっくに青春時代を過ぎた初老、中年の男女の
2件1件

この作者の作品

もっと見る