百夜通い

執拗に言い寄る少将を持て余した小野小町は「百夜(ももよ)通い」を提案する 妄想コンテスト「100」参加作品

3 19

追えば逃げる、惜しいひと。小野小町奇譚 妄想コンテスト「100」参加作品

概要・あらすじ

作者: 藤宮彩貴
6分 (3,181文字)
平安時代。仁明天皇の御代。絶世の美人と名高い小野小町はしかし、華やかな宮中の暮らしに疲れ果て、都の郊外にある小野の里で静養している。近づく男はひとり、またひとりと去って行ったけれど、最後にひとり深草少

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/5/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る