南の島は鬼ヶ島

1/3
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
ギラギラと照りつける太陽の下、私は遂に新天地を見つけた。 筏から島に上陸すると深呼吸する。潮風に混じり、微かに硫黄の匂いがした。火山か。足元を見ると黒い岩石が砂浜を広く覆っている。かつて溶岩が流れ出た証だ。どうやら無人島のようだ。私は自然に笑みが零れた。 「ここが新たな鬼ヶ島だ!」 あまりの喜びについ雄叫びを挙げたら、すぐ側の岩がグラリと動いた。驚いて見ると岩だと思ったのは大きな亀だった。 「これは驚かせてすまぬ。私は鬼ヶ島より来た鬼である」 礼儀と愛想は鬼にも必要だ。相手は亀でもこの島の先住者なのだから。だが亀は私の威厳に畏れを抱いたのだろう。じぃっと私を見上げていたかと思うと、モソモソと踵を返してしまった。そして翌朝、流木で作った小屋の前に草花と草の実が置かれていた。どうやら亀からの贈り物らしい。 「貢物とは可愛い奴め」 私はすっかりこの島が気に入ってしまった。あの日以来小さな島なのに亀に出会う事はなかった。よほどシャイな亀なのだろう。それでも毎朝必ず小さな贈り物がある。話をしたいな、一度くらいは。なのに、10日続いた贈り物は翌日、ピタリと止まった。その翌日もその次の日も。 「別に楽しみにしていた訳ではないわ。私はどちらかというと肉と魚の方が」 そう言いかけて、ハッとなる。今は枯れてしまったみずみずしい草花と赤い草の実。火山島は植物が少ない。 「まさか自分の食べ物を削っていたのか!?」 私は慌てて島の隅々を探した。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!