魂の価値

1/16
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ

魂の価値

――あと一人……。 花蓮(かれん)は、左手のひらに浮かび上がる『99』の数字を見つめ、心の中で呟いた。 思わず安堵のため息を漏らしそうになり、慌てて病衣の袖口を口元に当てる。 ――迂闊に声を出してはいけない。 鼻から静かに息を出すと、花蓮はもう一度左手を開いた。 数字が消えているのを確認し、右手のメスを左手に移すと、手のひらの汗を病衣で丁寧に拭った。 杉浦花蓮。高校二年生。 さっきまで、普通の暮らしをしていたはずだ。 普通に学校へ行き、普通に部活をし、普通に友達と帰宅した。 ――それから? 花蓮の記憶は、そこで途絶えた。 帰宅する途中で、何か重大なことが起きたらしい。 気が付くと、花蓮は病院のベッドの中にいた。 「ホスピタルステージへようこそ」 音声ガイダンスのような無機質な声で目を覚ました花蓮は、素早く周囲を見回した。 「病院?」 そこが病院の個室だと気づくのに、さほど時間はかからなかった。 花蓮は上体を起こすと、声のする方に目を向けた。 先程まで着ていたはずの制服は、いつしか病衣に変わっていた。
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!