**あらすじ代わりの竜さんside**

1/3
2341人が本棚に入れています
本棚に追加
/635ページ

**あらすじ代わりの竜さんside**

**** 前から歩いてきた少女が目の前で転んだ。 マンガか!? と、思うほどの見事な転びっぷりだった。 多分俺と翔のどちらかを見てビックリしたようだった。 ホールドアップのように両手を挙げる途中のまま つんのめりに転んだ感じだった。 翔がプハッと笑いだし 助けるためにしゃがんで手を貸そうとした時 前方の交差点付近で大きな爆発音がした。 一瞬何事かと身構えた。 交差点にある一件の店から火の手が上がった。 歩道や道路までガラスの破片が飛び散っていた。 もしも この少女が俺達の目の前で転ばなければ 確実に今の爆発に巻き込まれていただろう。 そう考えるとゾッとした。 翔はそのまま彼女に手を貸して立たせ 俺達は少し離れた場所に避難した。 あっという間に人だかりができ 消防車が次々に集まってきていた。 その間に翔が仲間を呼び状況を確認させるとともに 彼女の手当をしながら 彼女の名前や歳、学校名などを巧みに聞き出していた。
/635ページ

最初のコメントを投稿しよう!