金の🥚

1/5
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/45

金の🥚

 久しぶりに友人と酒をかわした。 居酒屋で食事がてら焼き鳥、スタミナ肉料理、魚の煮付け、冷奴、汁物、その他いろいろ、後酒類。 先ずは、ビールにつまみは枝豆をお店の従業員が、運んで俺達の台にならべた。 仕事の後、何も口にしてないし、昼も軽く済ませていたばかりで、俺は腹がすいていた。 居酒屋だけあってまわりは、ガヤガヤ、ワイワイ五月蝿いと言うか活気がある。  ビールのジョッキを友人とコツンあてながら  「うぃー。」  「ゴクゴク。」 喉をならしながら先ずは、一杯飲みほした。 枝豆の塩かげんの塩梅が絶妙で無言で食べなから二杯目のビールを飲んだ。 俺は、他の頼んだメニューも白飯とともに口につっこんだ。 一通り食べ終わると、右横に座っていた翼が最近の仕事や、恋愛話などを聞いてきた。  「かける最近どうよ?」  「どうって?」  「決まってるだろ、仕事いや、彼女つまり恋人は?」   「・・・」  「もしかして、未だに彼女いない歴30年!」  「あ~うるさい!」  「だから言ったろポエムなんかって。」  「なになに。」  「青春アオハル?」 昌樹と隼輔が興味本位100%で聞いていいかの顔。 俺は翼の口をふさごうと手を伸ばすが、昌樹と隼輔に両手を捕まれてしまい、話が始まってしまった。  「わぁー」  「高3の夏休み前、ノートに何かを書いていたのを俺が上から覗いたら・・・」  「やめぇ。」 翼の話を隼輔と昌樹もわって入ってきた。  「「フサフサのカバーのノート!!」」
/45

最初のコメントを投稿しよう!