小説②

11/13
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/55
 「や~あ~~んン」  「はぁはぁ、あぁぅうっ。」  果ててなぉ、僕は、小百合さんの髪をなでキスし口づけして舌にふれた。 ベッドに落ちるようにふたりで横たわり、胸で息をした。 今もまだふれていたくて、小百合さんの上に乗り唇を僕の唇で優しくさわった。 小百合さんも舌を唇の奥にからませ僕をさわる。 抱きしめた身体は、たわわな胸を僕に押しあてて僕の肩を抱きしめた。 身体の余韻・・・唇の余韻・・・ 記憶がとぎれ、とぎれ・・・ ベッドにそのまま眠りについた。 数時間・・・ 自分の手がなにかをさがす。 肌ざわりが柔らかな布・・・  《んっ!さ・小百合さん?》 顔を少し上げ小百合さんをさがす。
/55

最初のコメントを投稿しよう!