11月30日

1/8
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ

11月30日

 観音様、お寒くないですか?  仏様は、人間が感じるような暑い寒いの感覚など、超越なさっているのかもしれませんが。  今日はもう、11月の最後の日です。木枯らしが電線を鳴らしています。  ビル風が一層強く吹き抜けます。低く垂れこめた雲は空を覆い、今にも泣き出しそうです。  ほら観音様の上の幕も、バタバタはためいています。  やっぱりお寒いですよね。  いつからここにいらっしゃるんですか?  ああ、ここに電電公社があったんですね。それが福井の大空襲でつぶれてしまったんですか。電話交換をしていた、たくさんの女性が亡くなったんですね。それからですか。  お花、きれいなものに取り換えますね。でも寒くなってきたから、そんなに傷んでませんね。3日前に換えたところですもんね。お水を換えるだけでもいいんじゃないかと思うんですが。  あら、すいません。失礼なこと言って。  それに、パートの私が口を出せることじゃないし。  でも、観音様のお掃除当番て、パート社員だけで回してるんですよ。それってどうかと思うんです。社員の人たちって、本当に自分の仕事しかしないんです。  いえ、観音様のお世話を面倒くさく思ってるわけじゃないですよ。  私はむしろ、あの息詰まる空間から出られて、ほっとしてますもん。  落ち葉もずいぶん吹き込んでますね。あらあらお背中にも、ぺったりくっついていました。お水を掛けて、おしまいにします。
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!