10階

1/2
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ

10階

「下へ参ります」 「は?」  エレベーターに乗ると、エレベーターガールがいた。  エレベーターガールなどと思った私がおかしいのだろうか?でも、紺のタイトスーツに帽子。白い手袋をはめてエレベーターのボタンの前に立っていたら、誰でもエレベーターガールと思うだろう。 「あれ?何?ここ、うちのマンションじゃないの?間違えた?」  慌てて辺りを見回した。狭くて古くてちょっと汚い。ここは間違いなく築20年の自宅マンションだ。 「扉が閉まります」  戸惑う私を無視して、エレベーターガールは閉じるのボタンを押した。 「えっ、ちょっと何で…」  ガタンと小さく揺れて、エレベーターが下がっていく。  このマンションに地下はないのに、何で下がった?  回数ボタンを覗き見ると、ありえないほど多くの数字が並んでいた。そして、光っていたのは10の数字。  チーン 「10階でございます」  地上7階建のマンションに10階?しかも、下がったのに?  混乱して声も出ない私を置いてけぼりに、ドアはゆっくりと開いた。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!