第2章 過去・美穂
全2/11エピソード・連載中
27/258

第2章 過去・美穂

 美穂の携帯電話に、大学時代の友人、神村智子から電話がかかってきたのは、二月の末のことだった。  ちょうど洗濯物を干し終わり、一息ついたところにかかってきた電話に出ると、智子の元気な声が電話から聞こえてくる。 「美穂、久しぶり~。元気にしてる?」 「うん、元気にしてるよ。ほんと、久しぶりだよね~。仕事、忙しいの?」 「うん、結構忙しいよ。美穂は?」 「私は、毎日変わらずよ。専業主婦だし」 「そっかぁ……」 「うん。それより、今日は突然どうしたの?」 「あ、そうだそうだ。本題を忘れるとこだったわ。私ね、今度、東京の本社に転勤することになったの」  智子の口調は明るい。決して、転勤を嫌がっているような雰囲気ではない。 「栄転? おめでとう」 「ありがとう。そんなふうに言ってくれるのは、美穂だけだよ」 「あはは、そんなことないでしょ?」 「実際、そんなことあるんだってば……。まあ、それは置いておくとしてさ、東京に行っちゃったら、なかなか会えなくなるじゃん? その前に一回会いたいなと思って電話したの」 「あ、私も会いたい。しばらく会ってないし、これからはなかなか会えそうにないし」  美穂は智子の言葉に賛同する。
27/258

最初のコメントを投稿しよう!