今日も、君の腕の中で。

「俺ので啼いて?」そう言った彼は、まるで知らない男だった。

羽月咲羅@低浮上

恋愛 完結 過激表現
5時間7分 (184,077文字)

1.1万 19.9万

あらすじ

彼のことは、なんとも思ってなかった。 ただの同期以上の気持ちなんてなくて そこまで仲良くもなかった。 だけどあの日、秘密を知られて… 「俺にも味見させてよ」 普段は大人しくて目立たない彼が

シリーズタグ

感想・レビュー 5

一気に読んでしまいました

が これで終わっちゃうの? もう少し続きが見たいです
1件1件

クール?大人?

身体からの関係…でしょうね、きっと。 だけど、一途に想っていた彼からすれば、満を辞して…でしょうか? 両想いになり、情熱いっぱいに進むかと思えば距離をとってみたり。 不安感が原因だけど、離れて冷静にな
2件1件

凌が素敵。

エッチありきの恋愛小説!凌の広く深い思いが好きです!毎日楽しく読ませて頂きました!とても良かったです!
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る