第二章 お姫様の秘密
1/6

第二章 お姫様の秘密

「泉水さん、オレ、ずっと泉水さんの事が好きで…オ、オレの彼女になってください!」 「ごめんなさい」 「うわっ、瞬殺!どうしてダメなの?付き合っている奴、いないんだよね」 「……」 「今宮とは噂だけだったんだよね?!」 「そうだけど…でもごめんなさい」 「どうして!あ、まずは友だちからでもオレ──」 「好きな人がいるから」 「…え、好きな人?」 「絶対に手に入れたいって思っている好きな人がいるから無理なの」 「……泉水さんが…モノに出来ない男なんているのかよ」 「中々手ごわい相手なの。だからごめんなさい」 「……そっか…じゃあ、仕方がない…か」 (この人はサッパリタイプでよかった) 自らが招いた事態とはいえ、まさか此処まで堰を切ったように告白して来る奴がウヨウヨ出て来るとは思わず、若干(やっちゃったかな)と思った。