妹探し
全1/1エピソード・連載中
1/39

妹探し 上

* 去年、両親を事故で亡くした。 そして弟たちと生まれ故郷である田舎に戻って来て、早一年が経つ。 両親が残してくれた立派な日本家屋の書斎で、俺は今夜も一人で仕事をしていた。 今年の夏も、この町で行われる祭りの準備は始まっていた。 奥村神社の本殿に続く長い参道には出店が並び、御神灯の文字の提灯が無数に吊るされ、夜になるとあかりを灯す。 目を閉じれば子供の頃の記憶が蘇る。両親と一緒に出店を周り、最後に神楽を見た。 踊り手が舞う神楽に俺は心を奪われた。 この舞の時間がいつまでも続けばいいのにと、思ったことは覚えている。 その時、母親が俺に教えてくれた。 踊り手が『宝探し』という神楽を舞う時間、失ったものを探し求めるとそれは必ず見つかるのだと。 あの時の俺は、何を探し求めようとしただろうか。 もう、思い出せない… 「ーー兄貴?」
1/39

最初のコメントを投稿しよう!