1/2
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

 そのまた翌日も、僕と義陽(よしひ)はバスに揺られていた。その日も、紫さんと会う約束を交わしていたのだ。  ただ、僕はえらく落ちつきを失っていた。足をそわそわ動かしながら、今にも泣き出しそうな顔をして、雨粒の付着した車窓を見つめていた。 「どうしよう、どうしよう……こんなに遅れるなんて」 「京作、おまえのせいではないよ。紫嬢ならば許してくれるさ……」  義陽がそう慰めてくれたが、到底気は休まらなかった。紫さんとの約束の時間から、僕はもう四時間も遅刻していたのだ――。  前日の顛末から述べねばならない。といっても、それ自体には特に語るべきこともない。  僕らがあの社のなかで目覚めたとき、もう辺りは静けさを取り戻していた。夏の星がまたたく下、僕たちは何事もなく丘を降り、家路についたのだった。  しかし、二日連続で遅くに帰ってきた僕には、さすがに世話役からの苦言が待っていた。その監視の目を盗んで、きょうまた家を出るまでに、大変な時間を費やしてしまったのだ。  その間、一度激しい雨があった。降り始めはちょうど、待ち合わせの時刻と重なった。それがしばらく続いて、そして僕らが出てくるころになって、雨はようやく止んでいた。 「おねえちゃん、まだ待っていたらどうしよう? おねえちゃん、傘を持って来ていないかもしれないんだ。だって、おととい、僕のせいでおねえちゃんは傘をなくしちゃったんだよ。おねえちゃんがびしょ濡れになって、悲しい思いをしていたら、どうしよう」 「おまえのせいではない」  僕が泣きべそをかいても、義陽は根気強く、その言葉をくり返した。  停留所に到着して、僕らはバスから飛び降りた。  もう夕方にさしかかっていた。  寂しい場所。ぐちゃぐちゃに濡れた地面。道の向こうには、古い民家と、暗い雑木林が見えている。  紫さんは――どこにもいなかった。  そのことに、僕は強い違和感を持った。 「義陽、おかしいよ。だっておねえちゃんは、いくら自分がずぶ濡れになったって、いつまでもずうっと僕らを待っていてくれるような人だよ。ねえ義陽、そうでしょう……?」 「おまえがそう信じるのならば、そうなのだろう」  義陽はうなずいた。彼は深く学帽をかぶり直し、うつくしい目に鋭く宿りかけていた表情を、僕から隠すようにした。 「探しにゆこう。紫嬢を」  僕らは道を歩きながら、紫さんの姿を探し、紫さんの名前を呼んだ。  人に会えば、紫さんを見なかったかと尋ねた。見ていない、という返事ばかりだった――どころか、紫という少女が最近越してきたこと自体、ちゃんと知っている人はひとりもいなかった。  僕らは紫さんを探すとともに、彼女の住まいを突きとめようとしていた。やっぱり僕らの遅刻に呆れて、もう帰ってしまっているのかもしれないから。けれど、出会った住人たちのだれもが、そういう家は見当もつかないと言った。  初めて会った夜、彼女自身が言っていた通りだった。彼女は……あんなに明るく笑う紫さんは、本当にちっともこの土地の人々になじんでおらず、誰にも迷惑をかけないよう努めて生きてきていたのだ。  幼い僕はそれを実感するにつけ、つないでいた義陽の手を強く握りしめた。  きのうの丘までやってきて、一本一本の木の陰から、頂上の社の中までくまなく探した。でも、紫さんの気配をつかむことすらできなかった。  とっぷりと陽が暮れたころ、僕と義陽はバス停のところまで戻ってきていた。そこにもやはり、紫さんの姿はなかった。 「……なあ、京作」 「いやだよ……! 僕、おねえちゃんを見つけるまでは、ぜったいに帰らない!」  僕は叫び、肩に置かれた義陽の手を振り払った。  バスのなかでも、紫さんを探しているときにも、義陽はずっと僕の横にいた。だから、そうして喧嘩腰で向かい合ったとき――僕は、ひょっとするとその日初めて、義陽の顔をまともに見ることになった。 「……どうしたの? どうして、そんな顔をしているの? 義陽……」  言われた義陽は、学帽の頭を両手で抱えるようにして、深く深くうつむいた。  黒い曇天が、僕たちの頭上から重くのしかかってきていた。 「……なあ、京作。あのひとは、紫嬢は本当に、幽霊なんぞをこわがっていたと思うか?」 「そうだよ。きのうは、こわくないなんて言っていたけれど、おねえちゃんは、本当はとてもこわがっていたんだ。すごく震えていたんだよ。僕は、知ってるんだ……」  雨のにおいがした。それとともに、僕のなかの記憶が色濃くよみがえってきた。  迷子の僕を、傘に入れてくれた紫さん。  生き生きと輝く黒髪。名前と同じ、桔梗色のリボン。  僕がそばにいると心強い、頼もしいと笑ってくれた紫さん。  でも、このまま一緒にいてはだめだとも言った。自分と一緒にいては、僕までおそろしい目にあうからと。  おねえちゃん、なにがこわいの?  ――言えないわ。でも、本当はあたし、いつだってこわいのよ。この町に来てから、いつもいつも、おそろしい目にあっている。  ――誰にも言ったことなかったのに。あたし、本当に、誰にも誰にも迷惑なんかかけたくないのよ。 「こわいのは、と……そう、言っていたのだな。紫嬢は」  うつむいたままの義陽が、静かに確認した。 「紫嬢が幽霊を見る体質に変じたのは、最近のことではない。火事で死にかけたという幼少期から、ずっとだ。だから、幽霊にはもう慣れてしまった、こわくないと言っていたのは、おそらく本当のことなのだろう」  義陽は、帽子を手で押さえつけるのをやめた。  ぽつぽつと、雨が降り始めていた。 「紫嬢には、幽霊ではない……なにか他に、もっともっと恐ろしいものがあったのだ。……彼女は、おのれに迫りくる危機を、察知していた」  自分の顔から血の気が失せていくのがよくわかった。  むっとするほど暑い夏の夜だというのに、指先がとても冷たかった。 「きのう、俺は紫嬢にこう尋ねた。あなたは京作と歩いているとき、なにかこわいものを見たのではないか? ――紫嬢はすぐに、女の幽霊のことを言った。しかしその一方で、幽霊はこわくないとも言った。……わかるか京作。紫嬢は、はぐらかしたのだ。問いには答えていなかったのだ。? ――おまえが問うても、俺が問うても、答えようとはしなかった。彼女は、幼い俺たちに心配をかけまいとしたのだろう。……そのやさしさゆえに」 「……義陽……。もういいよ。早く、もう一度、おねえちゃんを探しにいこう……?」 「……京作」  雨はあっという間に激しさを増してきていた。  ぬるい雨粒のしずくを滴らせながら、義陽がわずかに顔を上げた。 「京作……聞け。これ以上はだめだ。もう俺たちの手には負えん。あとはおとなたちに委ねよう」 「いこう」 「京作」 「いかなくちゃ。早く、早く、おねえちゃんを見つけなくちゃ……」 「京作。京作、頼む、いうことをきいてくれ……京作」 「僕、いっしょにいてあげるって言ったんだ。あしたもあさっても、それからもずっと。おねえちゃんがひとりぼっちで、こわがったりしないように。だから」 「京作ッ!」  義陽が吠え、振りかざした腕で己の学帽を弾き飛ばした。  うつくしく燃えるまなざしを露わにした義陽は、射抜くような力をこめて僕を見て――。  それから不意に、はっと大きく息をのんだ。  僕はうしろを振り返った。  夏の雨に溶けこむように、紫さんが、やさしい微笑を浮かべてたたずんでいた。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!