1/1
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

 ライベルク王国の騎士ゼキは、その瞬間を永遠に忘れはしないだろう。 「ゼキ。わたしはそなたに、この国を背おって戦ってもらいたい」  過ぎし日に、ゼキは若くして将軍の位を賜った。忠誠を誓う国王の足元に膝をつき、うやうやしくこうべを垂れる。  国王は頷き、記念品をみずからの手でゼキへ差し出した。  武官が名誉を授かるとき、ともに特別製の武具が下賜(かし)されるというのがライベルク王国の慣例である。勇敢に敵陣へ攻めこむ者には剣や槍、城塞の守りに長けた者には盾や甲冑。力自慢には巨大な戦斧、騎馬に秀でた者には優れた駿馬といった具合だ。  けれど国王がゼキへ贈ったものは、それまでまったく前例のない品であった。上等な生地で織られた外套を押し戴き、わけもわからぬまま恐縮し続けるゼキに、王は白い指で指し示してみせた。 「ここを見ておくれ」  外套の背には、美しくも力強く、この国の紋章が刺繍されていた。しかも使われている糸の色彩は、王宮に立つ旗と同じものであった。ゼキは目を見開き絶句した。  武神と智神の子孫と言い伝わる国王は、それこそ人離れして神々しく、冷ややかなまでの気品と風格をもつ王者と囁かれている。けれど、ゼキへかけられた言葉にはやさしさがにじんでいた。 「わが王国の誇る雄将ゼキよ。そなたには、わたしの旗とこの外套とを、まったく等しいものと思って身につけてほしい」  ライベルクの国章。それはけっして敵の手にかかり、踏みにじられ、汚辱にまみれさせてはならぬ(しるし)である。ゼキの背にそれが現出するとすれば、彼の身体そのものが国王の軍旗の化身としての意味合いを持つだろう。敗れて(たお)れ、戦場の泥濘(でいねい)と成り果てることは断じて許されない。  そもそも戦いを、それによって死ぬことを恐れるゼキではなかった。王に捧げる忠誠心は誰よりも強いつもりでいる。  しかし王は、文字通り国を背おって戦えと言っているのだ。思いがけぬほど心が打たれ、全身の内側が痺れるようだった。軽やかに手に馴染むこの一枚の布が、世界のすべてよりも重大なものと思われた。  いつのまにか、ゼキの引き締まった端整な顔が涙に濡れている。それに気づき、歴戦の戦士はおおいに慌てた。急ぎ拭おうとするが、両手は大切な外套で塞がっている。  王はそれを見て、思わずといった風に微笑みを浮かべた。そして、なんと代わりにぬぐってやろうとでもいうのか、戦場焼けした配下の顔に手を差しのべてくる。  はっとして、尊い指先が触れるよりも先にゼキは立ち上がっていた。そして、最大限の礼を尽くしつつ王の前より引き下がった。 「……武神ヘイムスクリングラの加護あらんことを」  宙に浮いた手をゆっくりと下ろし、王はそう口にした。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!