なんで

3/17
1444人が本棚に入れています
本棚に追加
/119ページ
バイト先までの道、俺と蒼太は並んで歩く。蒼太が学校の話やらサークルの話やらしてくれるので、沈黙が気まずいということはないのだが… この人、なんでこんなに俺に構ってくるんだろう。 ずっと笑ってすごく楽しそうに話してるし。 俺なんかといて楽しいのかな。 俺なんかじゃ、この人に全然釣り合わないのに。。 疑問がどんどん沸いてきて話に集中できない。 「あ、危ない」 蒼太に肩を抱き寄せられてハッとした。 「遙人、自転車来てたよ」 危なっ。 走ってくる自転車にも気づかないほどぼーっとしちゃってたよ。 「遙人は本当に危なっかしいなぁ」 蒼太が俺の肩を抱く手に力を入れる。 やばい…………またドキドキしてきた。
/119ページ

最初のコメントを投稿しよう!