お付き合い

1/10
1031人が本棚に入れています
本棚に追加
/119ページ

お付き合い

蒼太と付き合い始めることになり、俺の生活は大きく変わった。 朝は蒼太が家まで迎えに来てくれて大学に登校。お昼は学食で一緒に食べて午後の講義が終わったらサークルに二人で顔を出す。俺のバイトの日はバイト先のファミレスで俺の仕事が終わるのを待って一緒に帰って家まで送ってくれる……… 蒼太の1日は俺のためだけにあるみたいになってしまっていて、申し訳なく思うのだけど。 「オレが少しでも遙人と長く一緒にいたいから、このまま許してね?」 と、にこにこ言われてしまうのだ。 俺と付き合っていることを隠そうともせず、キャンパス内でも堂々と手を繋いできたりするので俺達が付き合っているのは、あっという間に周りに知れ渡ってしまった。 学内にファンの多い蒼太を一人占めしてしまって、女の子達に刺されるんじゃないかって心配したのだけど…西沢さんが言ってたみたいに「尊い」って案外好意的に受け止められていて助かる。
/119ページ

最初のコメントを投稿しよう!