夏休み

14/20
1031人が本棚に入れています
本棚に追加
/119ページ
「遙人君、家どこ?」 俺を抱えて南さんが何か言っている。 目が回るし気持ち悪いし眠いし……眠い。 俺の意識はそこで途切れてしまった……… 船…………? 波が高いのかな。ずいぶん揺れる船だな。 頭痛い……… ん? ここどこ? 目が覚めると、俺は見知らぬベッドの上にいた。 「頭……痛い」 えーと、昨日は南さんと西沢さんとバイトの後にイタリアンに行ったんだよな。で、うっかり酔っぱらっちゃって………どうしたんだっけ? そこでふと、自分が素っ裸なことに気づいてしまった。ええっ!何で俺、服着てないの? そもそもこの部屋、誰の部屋? シンプルな部屋を見渡していると、ドアが開いて南さんが入ってきた。 「あ、起きた?遙人君、具合どう?」 南さんの部屋だったのか! 「コンビニでゼリーとか食べられそうなの買ってきたけど、起きられそう?」
/119ページ

最初のコメントを投稿しよう!