友人の結婚披露宴

1/6
342人が本棚に入れています
本棚に追加
/42

友人の結婚披露宴

結城拓馬鬼畜課長が溜め込んだ内装デザインの案件を2ヶ月で終わらせたわたし。 とはいえ、その後は鬼畜課長とクライアント周りをさせられ、内装デザインの要望を聞いたりと営業的な仕事に付き合わされる。 わたしが仕事が早いとわかったからか、納期が間に合わない課の内装デザインの案件を締め切りギリギリにわたしのデスクに投げてきて、 「今日の17時までにやれ」 建築第一課に配属され、わたしは2ヶ月で5Kgも痩せてしまった。 それほど過酷で、元の部署に戻りたいと心の中で叫んだ。 毎日、月〜土曜日は早朝6時半から深夜2時まで働くわたしは、働き蟻ならまだしも社畜扱い。 鬼畜課長に社畜女 社内できる男、結婚したい男ランキング1位が結城拓馬鬼畜課長なんてありえない。 月曜日は多少はまともでも、土曜日になるとぼろぼろになってるわたし。 過労死しちゃう?? まずいと思いつつも、真面目な性格だから、鬼畜課長に『やれっ』と指示された仕事を全てこなした。 そしてなんとか、1日2時間だけ建築デザインコンペに向けてのデザインを描いた。 「結城課長、これに判子と提出をお願いします」 第1課に異動になり残業代は増えても、社内と社外の建築デザインコンペにデザインを出せてなくて収入がガクッと減った。 社畜だから、家にもあまりいなくて、食事もまともにとれてなくて、娯楽やお洒落にお金なんて違う暇はない。 だから、マイナスにはなってない。 でも、2ヶ月前よりも仕事が多忙なのに月収が10万円も減った事実に焦った。
/42

最初のコメントを投稿しよう!