百鬼佇む

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

百鬼佇む

陽が落ちた橋のたもと、(もも)は欄干の擬宝珠に手を掛け道行く人々を目で追う。 陽が落ちたとはいえ、まだ空には陽の名残りがたゆたい、なりたて幽霊の百の姿をぼんやりと浮かべて見せる。 材木問屋の三女として生を受けた百が、花を盛りの十五ばかりで出入りの材木商の荷車に積まれた材木の荷崩れに巻き込まれたのが半年も前。 未練が残って鬼と成るのも無理はない。 稀に通りすがる人が百の姿に気付くが、この時代、触らぬ神になんとやらと、みな気付かぬふりして歩みを早めるだけ。 たまに野良犬が近づいて歯を剥いてみせるが、百が裾を翻して蹴る素振りを見せると、鼻を鳴らしながら去っていく。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!