百鬼奔る!

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

百鬼奔る!

顔を上げた百は視界の端に見慣れた絣の文様を捉え飛び上がる。 「いけない!物思いに耽って三助さん見逃しちゃった!」 百は大慌てで漆塗りの下駄を脱ぎ両手にぶら下げて走り出す。 足が無いのが常道の幽霊に下駄が、とか。 幽霊の癖に漆塗りとか生意気だとか。 お年頃の鬼には鬼ならではの拘りが有るのだろう。 いちいち五月蠅く言うのは鬼をむくれさせるだけだ。 今時の少女にも、包帯を意味なく巻いてみたり、痛くも無いのに眼帯をしたがる者が居るのだ。 乳母日傘の成りたて鬼(もも)にその素養が有っても笑えまい。 もしかしたら昨今耳にする中二病とかいう者の奔りだったかもしれないではないか。 読者の皆さん、彼女の事笑えますか?
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!